scrolldown

クラウドファンディング支援金の使い道

クラウドファンディング支援金の使い道

使い道① 安心・安全な店舗営業のサポート

区内の飲食、理美容、その他店舗型事業者を対象に、繰り返し訪れるかもしれない緊急時のための消耗品等の備えを行い、また有事の際に事業者への速やかなサポートを行う体制をつくります。

すでに渋谷区で基礎備蓄を強化している物(マスク等)もあるため、この資金を用いて用意する備えとは、“物品”に限りません。
例えば“施設内で感染者が発生した際の消毒作業費用を全額負担する”など、ニーズに柔軟に対応できる体制を整えます。

誰がこのサポートを受けられるの?

渋谷区内にある「直接的な接客が生じる店舗」のうち
申請のあった店舗へのサポートとなります
申請方法などについては準備ができ次第ご案内します

また、今後いわゆる第二波、第三波、その他災害時に、速やかな事業者サポートができるよう、これをきっかけに区内事業者の所在情報を一元データベース化し、円滑にコミュニケーションが行き渡る仕組みづくりを進めます。

あわせて、ビジネスサポートオンラインプログラムなど、ウィズ/アフターコロナの時代に必要な知識やビジネススキルを学べる環境の提供も行うことで、インフラ、プログラムの両面でサポートします。
ビジネスサポートオンラインプログラムは、全国の誰でも観ることができます。

使い道② エンタメ産業を支援

渋谷から発信されるエンタメをサポートするため、オンライン配信環境整備を進めます。
渋谷区の文化施設などでモデルケースとして実装をスタートし、また最終的に集まった支援金に応じて、他の民間施設に対してのシステム導入サポート等も視野に入れています。

また、独自の配信プラットフォーム「渋谷区公認ライブプラットフォーム(仮)」を構築(チケット販売や配信プラットフォーム、グッズ販売との連携も視野に入れています)し、渋谷に集う多種多様なアーティスト・実演家、興行主催者が簡単に利用できる場として解放します。これにより彼らがオンライン配信をする際の様々な障壁を下げ、その活動の恒常的な支援につなげます。

「渋谷区公認ライブプラットフォーム(仮)」や渋谷区公認の仮想空間「バーチャル渋谷」、そのほか既存のオンライン配信チャンネルなどといったデジタル空間と、区内の文化施設などリアルな空間を並行して活用しアーティストや実演家の活動の場として提供するなど、彼らの表現の場を増やし、発信しやすい環境づくりを進めます。

これらのプロジェクトは、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトと連携して推進していきます。

誰がこのサポートを受けられるの?

渋谷区内の文化施設、ライブハウス、クラブなど
そしてそこで活躍するアーティスト・実演家・興行主催者たちです

使い道③ ファッション産業を支援

渋谷区に数多くある小規模ファッション事業者向けに、既存の大手ECモールへの出店ハードルを下げるため、渋谷区合同ECサイト「YOU MAKE SHIBUYA SHOP(仮)」を開発、2020年秋以降に公開予定です。
地域集積ブランドを一括しメディアタイアップなども行うことができ、渋谷区から羽ばたいていくブランドやデザイナーを支援することができます。
このショップは、国内ECモールを皮切りに、海外ECモールへも渋谷のシティブランドを活かし出店することで、渋谷のファッションカルチャーを海外へ届けていくことも視野に入れています。

また、大手ファッション事業者に対しては、余剰在庫のサステナブル活用など、社会課題への取り組みを連携して行なっていきます。

加えて、オンラインファッションショーを開催し、デザイナーやモデルの方々の活躍機会の創出も行うことにより、渋谷の基幹産業のひとつであるファッション業界を広くサポートします。

誰がこのサポートを受けられるの?

渋谷区内でECサイト出店に興味のあるファッション(物品販売)店舗
そして渋谷のファッションカルチャーを発信する
デザイナーやモデル・スタイリスト・ヘアメイクの方々です

COMMENT

YOU MAKE SHIIBUYA クラウドファンディング
実行委員会

  • 渋谷区
  • 渋谷区商店連合会
  • 一般財団法人渋谷区観光協会
  • 一般財団法人渋谷未来デザイン

パートナー

  • CAMPFIRE

特別協力

  • 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト

CONTACT

※お名前、電話番号をお書き添えのうえ、内容をできる限り具体的にご記入願います。